昭和の木造住宅(漆芸作家の工房)

ロケ地名
ID:04-055
昭和の木造住宅(漆芸作家の工房)
エリア
富山市西部
キーワード
木造 昭和 格子戸 障子
対象物の時代
昭和戦後
所在地
富山市岩瀬梅本町
緯度:
経度:
撮影日
2012年9月28日
撮影時間


コメント

古い町並みが残る岩瀬地区の一角にある、天井の低い典型的な昭和の日本家屋は漆芸作家の住宅兼工房。障子戸や波ガラスの引き戸、狭く急な階段、コンクリートの三和土など、懐かしい昭和の香りを今に伝える。

こんなシーンにおすすめ

昭和の暮らし、漆芸作家、創作活動 など

マップ